お知らせ一覧

令和3年初詣ご案内

⑴新型コロナウィルスの感染防止のため、政府・厚生労働省が示したいわゆる「3密」(密閉・密集・密接)を避けた参拝が実施できるようにします。福井県より交付された「感染防止徹底宣言」のステッカーを神社拝殿と参集殿に貼って、参拝者・神社奉仕者共に感染防止意識の向上を図ります。

⑵参拝の基本①として参拝の皆様に「マスクの着用」をお願いします。

⑶参拝の基本②として参拝者の皆様に手の「アルコール消毒」をお願いします。

⑷宮司・禰宜をはじめ巫女や神社奉仕者ら全勤務者に「マスクの着用」「アルコール消毒」を徹底させます。

⑸飛沫感染を防ぐため、参集殿の窓口・拝殿の祈祷受付・御札縁起物授与所などに透明スクリーン・仕切りカーテンを設置します。

⑹拝殿内の「密」を防ぐため、椅子に座っていただき、参拝者の皆様の間隔をあけていただきます。

⑺参集殿での「お福ぜんざい」のお振舞いについては、希望される方に「持ち帰り」用として御提供させていただきます。参集殿広間での飲食はご遠慮いただき、一時休息や同伴者の待ち合わせなどに開放させていただきます。

2020年11月16日

新ホームページ再スタート

9月にスタートしたばかりの当神社の新ホームページですが、11月初旬より不具合のため、閲覧できませんでしたが、このほど、調整・再設定し、再スタートしました。
まだ、一部に見えにくい画面や表示に不具合が残っている個所もありますが、ひとまず再スタートです。
この間、皆様には大変ご迷惑をおかけしました。


旧ホームページも閲覧できますので、当神社について詳しく知りたい方はそちらもご覧ください(http://www.xn--ebrv9uyqal60cfhx5ky.jp/)。
新ホームページは、携帯電話・スマートフォン向けにデザイン・構成してありますので、お役立てください。

2020年11月15日

宮司著「神職の父と私」神社新報で紹介

 数々の御造営を成し遂げてきた先代宮司の偉業と、当代宮司が部下として教えを受けていた事など、先代の人と成りについてを後世に語り継ぎたいとの思いから、平成二十八年十一月より令和二年六月に至る迄のほぼ三年半の間に三六回ほど社報(月報)に書き綴った文章をこの度一冊に編集、発行いたしました。
 内容は先代の幼少の頃の生い立ちから、学生時代、交友関係、如何に成長していったのか。東京で家庭を持ち、その後乞われて神職の後取りとなったことなど、したためられています。 
 当代として、先代の生き方に学ぶ事が多いとは申せ、守秘の事が至って多く、「書くことの出来なかった現実にこそ、真実がある」と申し述べるほど、先代が篤信家に頼りにされ、遠方からも厭わず訪ねて来られたのかを心に留めておきたいという、現宮司の思いが行間にあふれる一書となっております。編集は禰宜が担当。
 この本は、令和2年夏例祭にあたって篤信家の皆様にお贈りいたしました。

■小著「神職の父と私」は、「神社新報」令和2年8月17日号にて、神社本庁録事の阿部めぐみ氏による書評が掲載されました。ここであらためて、神社新報編集長様、執筆された阿部氏に御礼申し上げます。(宮司・高原正舟)

■個人の自費出版のため、当初は残部の限り実費で希望の皆様に頒布しておりましたが、現在、在庫はございません。

2020年09月30日